アメリカ生まれ本格usaメッセンジャーバッグブランド特集

メッセンジャーという職業は日本であまり馴染みのない職業かもしれませんが、アメリカでは若者に人気な職業なんです。

だから彼らが背負うためのメッセンジャーバッグのブランドも、機能的で使いやすく、そしてかっこよくお洒落な本格ブランドが沢山あります。

スポンサードリンク



今回はそんなアメリカから発信しているメッセンジャーバッグのusaブランドを紹介します。

アメリカのメッセンジャーとメッセンジャーバッグ

まずはメッセンジャーと言う職業をご存知でしょうか。

メッセンジャーとは簡単にいうと、自転車配達便のことです。

普通の郵便よりも早く届けたい書類があったり、早急に、その日のうちに届けたいメールがある場合、それを自転車で配達する人のことです。

つまり、配達するものはほとんどが紙媒体で、小包などのかさばるものは配達しない代わりに、書類などはその日の内に届けることが出来る郵便です。

あまり馴染みがないかも知れませんが、日本でも都会ではメッセンジャーが活躍しているんです。

そんなメッセンジャーと言えば本場はアメリカ

アメリカのニューヨークを初めとする大きい都市ではメッセンジャーはかなり活躍しています。

若い人や女性など多くの人に人気の職業なんです。

というのも颯爽と走る自転車姿はやはりかっこよくてお洒落ですからね。

だからメッセンジャーは職業としてだけではなく、ファッションやスタイルのような発展から、ある種のカルチャーのようなものとなっています。

なんとメッセンジャーの世界大会なるものも毎年世界各地で開かれていて、世界中のメッセンジャーが集まり退会を盛り上げているようです。

2016年はアメリカではなく、ツールドフランスで有名なパリで開かれました。

出場者それぞれにミッションが課せられその早さと正確さを競うというもの。

やはりかなりの情熱と人気があるのがわかりますよね。

そしてメッセンジャーに欠かせないものと言えば、自転車の他には書類を届けるために必要なバッグが必要ですよね。

それこそがメッセンジャーバッグなんです。

メッセンジャーのためのバッグだからメッセンジャーバッグ、言われてみれば確かになと思いますが、知らなかった人も多いのではないでしょうか。

それはどんな特徴があるかというと、体に対して斜めに背負え、背負ったままスピーディに物の出し入れが出来る、更に雨などに強い防水性や耐久性に優れている特徴があります。

だからショルダーバッグとメッセンジャーバッグはどう違うのか、と疑問に思ったことがある人もいると思いますが、ショルダーバッグという大きなカテゴリーの中に、メッセンジャーバッグがあると言う考え方が正しい考え方です。

そんなメッセンジャーバッグ、やはりメッセンジャー達は強く使い易さや耐久性にこだわりを持っていて、メッセンジャーの人口の多いアメリカでは、多くのブランドが生み出され発展し、現在に多くのメッセンジャーバッグブランドが存在しています。

特に古くから存在し、今も人気なブランドはメッセンジャーからの支持が強いため、本格的且つ機能性とデザイン性が優れていることがわかるため、信頼度が強いusaのブランドとなるわけです。

メッセンジャーバッグはタウンユースのファッションアイテムとして

そんなメッセンジャーバッグは今、メッセンジャーだけのバッグというわけではなく、ファッションとしてのバッグとして使う人も多くなり、自転車に乗る人でも乗らない人でも関係なく使われています。

メッセンジャーバッグは自転車であるとか、メッセンジャーやニューヨークといった都会的な印象やストリート的なイメージがあるためカジュアルでアクティブなバッグというイメージの強いバッグです。

ですが、機能性を少し落としてデザイン面でこだわりを持ったファッション重視のメッセンジャーバッグも多く、タウンユースしやすいメッセンジャーバッグも多く見られます。

さらにメンズだけではなくレディースのメッセンジャーバッグなどデザインにも幅があり、いろんな用途としても使える機能的なバッグとなっています。

ちなみにこちらの⇒レディースメッセンジャーバッグ人気ブランド集めました特集では女性に人気のメッセンジャーバッグのブランドの特集をしているのでこちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク



アメリカ生まれメイドインusaのおすすめメッセンジャーバッグブランド

さて前置きはここら辺として、さっそくアメリカ生まれのメイドインusaなおすすめメッセンジャーバッグのブランドを紹介していきます。

かなりの数の有名ブランドがアメリカなのでここでは比較的メジャーで人気かつ日本でも手に入りやすい、メッセンジャーバッグブランドを集めました。

ではさっそく見ていきましょう。

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

メッセンジャーバッグと言えば知らない人がいないくらいの大定番のブランドです。

アメリカはニューヨーク、メッセンジャーの街で1983年にスタートし、その丈夫さとシンプルなデザイン、使い易さが瞬く間に世界のメッセンジャーに広がり、30年以上未だに愛され続けているブランドです。

デザインの最先端でもあるニューヨーク、ストリートカルチャーやアートといったセンスからインスピレーションを得て、日々進化しているために現在でも人気を維持している不動のブランドなのです。

マンハッタンポーテージを知っている人かイメージするブランドのマークと言えば赤色にマンハッタンのイラストと言うイメージが強いかもしれません。

実は他にも黄色の背景にマンハッタンのイラストというタグもあるんです。

それにはどんな使い分けがあるのかというと、より防水性や機能にこだわりを持ち、本格的なプロ仕様と位置づけられているものが黄色のタグなんです。

意外と知られていない豆知識ですよね。

他にも生地へのこだわりやマンハッタンのコーディネートについてはこちらの⇒大学生に大人気のマンハッタンポーテージはどんなカバン?で紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

CHROME(クローム)

クロームはアメリカのコロラド州にて1995年に、二人のエンジニアにより作られました。

二人のこだわりは強く、新しい素材をファブリックや廃材から見つけ出し作られたメッセンジャーバッグは、ショルダー部分が車のシートベルトの廃材をそのまま使い、生地を丈夫な家具のに使われている素材を採用するなど、いろんな分野から合わせて作ったいわば超頑丈なusaメッセンジャーバッグブランドです。

その耐久性からこちらもメッセンジャーの間で話題になり、いっきに大きく世界的に有名になりました。

特徴としてはメッセンジャーバッグの中でもゴツいイメージが強く、頑丈さに説得力のある見た目をしていて、それ故にギャップで自分が華奢に見えると言う理由で女性にも人気なブランドです。

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

ミッションワークショップは先に紹介したクロームを作り上げたエンジニアが独立して作ったブランドとしてアメリカサンフランシスコから発信。

クロームで培った技術を惜しげもなく使い、メイドインusaにこだわり仕入れから製造までアメリカ国内で行なっているブランドです。

クロームよりも渋い印象があり、男性向けなメッセンジャーバッグであり、大人のアイテムとして高級感があります。

それでいて機能性も抜群で、完全防水であるとか、軽量で耐久性があるとか、完璧主義なまでのこだわりの撤退ぶりがおすすめポイントです。

The North Face(ザ・ノースフェイス)

ノースフェイスはアメリカ、カリフォルニア州から1968年に生まれた、アウトドア界の定番ブランドです。

バッグだけではなくウェアやテント、雑貨などアウトドアで必要なものが揃うブランドですが、メッセンジャーバッグも見落としてはいけない大事な要素の1つです。

ノースフェイスのバッグは全般的に丈夫で、使いやすく機能的であることが自然とわかるためにロングセラーなモデルが多くあり、メッセンジャーバッグもその中の1つです。

雨に強い丈夫な素材や大きくざっくりとした容量など、ノースフェイスならではの視点での作り込み、デザインの柄などどれをとってもノースフェイスらしさのある安定したクオリティがさすがのブランドです。

更に詳しくブランドのことが気になるのであれば⇒大学生カバン探しに男女共に人気のノースフェイスはいかが?をご覧ください。

GREGORY(グレゴリー)

アメリカは南カリフォルニアに拠点を置くグレゴリー。

定番といえばリュックのブランドですが、メッセンジャーバッグもしっかり出しています。

こちらもアウトドアとして特化したバッグがメインのブランドなので、耐久性には十分な施しがあり、人間工学に基づいたデザインもされているため、バッグが重たく辛いという思いも軽減されるデザインであることなど、バッグを専門に扱うからこそわかる機能性に特化したブランドです。

メッセンジャーバッグもおすすめですが、リュックはもはや定番。

そんな事がわかる、グレゴリーとはいったい何かは⇒リュック好き大学生必見!人気のかばんグレゴリーを徹底調査で紹介しています。

ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

メッセンジャーが多く活躍する国アメリカのメッセンジャーバッグに対するこだわりから、沢山のブランドが出て有名になり定番化しています。

機能性のある本格的なものであることはもちろん、タウンユースできるカジュアルさを持った、ライフスタイルに合わせやすいメッセンジャーバッグがアメリカのブランドには多い印象があり、usa文化でありファッションでもあるという点でアメリカのブランドは最先端で1つの基準ともなる見方が出来ますね。

紹介したアメリカ生まれのブランドはほんの一部なので、これをきっかけにいろんなブランドを探してみてはいかがでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみにことらの記事もおすすめです。⇒大学生のかばん自転車通学に便利なポイントと注意すべき点

大学生向けですが、自転車通学で便利なことと注意する点についての紹介をしています。

合わせてご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です