カメラをメッセンジャーバッグで持つおすすめインナーは?特集

カメラバッグって本格的すぎたり、言ってしまえばちょっとダサいデザインが多いと思いませんか?

だから普段使いのバッグでカメラを持ち運びたい。

そんなときに活躍するインナーボックスが今回のおすすめアイテムです。

スポンサードリンク



そしてカメラを持つ普段使いのバッグでおすすめなのがメッセンジャーバッグ。

その理由とは一体…??

インナーボックスを使ってカメラを持ち運ぶ

カメラを持ち歩くのに必要なバッグとしてカメラバッグをはじめに想像すると思いますが、気軽に趣味として持ち歩こうとする人には、いかにもカメラバッグという本格的なデザインに一歩引いてしまうイメージはないでしょうか。

というかカメラバッグは少しダサいと思う人もいるのではないでしょうか。

そういった人としてはできれば普段使っているバッグでカメラを持ち歩きたいですよね。

でも衝撃には耐えれないし、持ち運ぶには色々と不安もあります。

そこで普段使いのバッグや旅行先で使うショルダーバッグやメッセンジャーバッグ、カメラを持ち歩きたいけど直に入れるのはちょっと気がひけるという方のために、今回おすすめしたいものがあります。

それがインナーボックスです。

出典:https://direct.sanwa.co.jp

インナーボックスはクッション素材でできた衝撃を守るための入れ物です。

中に仕切りが付いていて、カメラ本体と交換レンズなどを分けて収納できます。

そのインナーボックスを普段使っているバッグにそのまま入れることで、簡易的なカメラバッグになるということなんです。

これによってカメラを安全に、そしてファッショナブルに持ち歩くことができるようになります。

とはいえ、いろんなインナーボックスが、値段の安いものから高いものまで売られています。

こういう買い物はあまり失敗したくないと思いますよね。

そこでどんなインナーボックスが自分に合っているのかをこれから見ていきましょう。

気になるおすすめのインナーボックスは記事の後半で。

失敗しないカメラのためのインナーボックスの選び方は?

インナーボックスと一言に言ってもサイズや形、色など様々です。

そして、ある人が良いと言っていても自分には合わないという可能性もあります。

というのもインナーボックスを使うということは、普段使いのバッグに入れるということで他の私物も持ち歩く人の方が多いからです。

そうすると、人によってバッグの使い方は全然違うので、インナーボックスに求める条件も人それぞれになるんですね。

余談になりますが、このブログを書いている私は普段ハンドメイドでカバンを作っています。

そうするとその時にお客さんからのいろんな要望やご依頼を受けます。

ここにポケットを付けたいとか、これを入れるためのものが欲しいとか、ファスナーが良いとか、ファスナーはいらないとか、自分では思いつかないことも多いですし、いろんなものを持ち歩いているのだなぁとつくづく思います。

そう、つまりバッグの使いやすさは人それぞれなんですね。

そうであっても、カメラを入れるインナーボックスにおいては、ここは注意しておくべきということは共通していくつかあります。

それをこれから紹介していきます。

「サイズ」

まずはサイズですが、どんなバッグにどのように入れるのかということ、それともう1つはどんなカメラを持ち運びたいのかということが大事になってきます。

どんなバッグにどのように?

例えばショルダーバッグやメッセンジャーバッグに対して、ぴったりサイズのインナーボックスを選び、カメラのみを持ち運ぶのか、バッグにスペースを空けて他のものも入れるのか、というところでサイズが変わってきます。

ここで注意したいのが、インナーボックスがバッグに入るサイズは、あまりにサイズがピッタリすぎると入れているバッグ自体の形を変えてしまいます。

よくある長方体のインナーボックスをサイズぴったりでバッグの中に入れると、バッグ自体の形も長方体になりバッグとしてみっともなくなてしまうということです。

パンパンに変な箱入れてるバッグだなぁという印象になります。

それでは本末転倒、ただただダサいですよね。

その辺も踏まえてサイズを選ぶことでこう言った失敗を防げます。

またリュックなどにインナーボックスを入れる場合は他の荷物とごちゃごちゃにならないようにインナーボックス自体が袋になっていたり、蓋が付いていたりする方が良いでしょう。

どんなカメラ?

そしてもう1つはどんなカメラを持ち歩きたいのかということも大事です。

カメラ本体自体が大きいのか、レンズの交換はするのか、レンズの数などその人その人でカメラの大きさや付属の量、とる目的などが違います。

インナーボックスでのカメラの持ち歩きはあまり量が多すぎず、レンズ交換も1つ程度が適量のサイズです。

それ以上多い場合は、専用のカメラバッグの方が使いやすくなってきます。

「形」

上記したサイズ感の話でほとんど触れてはいますが、インナーボックスの形というところで、バッグに対してぴったりサイズのインナーボックスの場合はそのボックスの形が重要になります。

長方体は丈夫な反面、形がしっかりバッグに反映してしまいます。

それが嫌だなと思う人には、折りたたみできるタイプや船型の形など、バッグに対して無理のない形を選びましょう。

「色」

インナーボックスの色にも注目してみてください。

あなたが持っているカメラの色によっては使いにくいインナーボックスの色があるということです。

それはカメラと同じ色です。

例えばボディが黒のカメラを黒のインナーボックスに入れると、カメラがケースと同化して取り出しにくいんです。

カメラ本体はまだいいのですが、細かいものなど本来サッと取り出したいものがすぐに見つからないということがあります。

つまりカメラの色味もしくは明るさに対して、反対の色のものを選べば良いのです。

黒のカメラなら明るい色やはっきりした色、蛍光色などのインナーボックスを選び、シルバーなど明るめの色のカメラの場合は黒などの暗い色のインナーボックスがおすすめです。

メッセンジャーバッグとカメラの相性

次に、普段使いしているバッグ自体もカメラを持ち運ぶのに向いているバッグとそうでないバッグというものがあるので、参考までに知っておきましょう。

インナーボックスが良い作りであっても、普段使っているバッグがカメラに向いているかというところにも注意が必要です。

つまりカメラ自体が精密機器ですので、持ち運ぶ際の注意点があり、その注意点を補えるバッグがあるということです。

カメラを持ち運び、使う際に注意したいことはなんだと思いますか?

それは「水、ホコリ、衝撃」です。

やはりここからは守りたいポイントです。

水は突然の雨など、ホコリはカメラの細かい隙間やレンズ交換時など、衝撃は持ち運ぶときなど常に、この3つからは注意しておかないと、いざという時大事なカメラが壊れてしまいます。

ということはこういったことから守ってくれるバッグがあれば、カメラも安心ですよね。

そこでおすすめしたいバッグがメッセンジャーバッグなんです。

メッセンジャーバッグはもともと自転車郵便(メッセンジャー)のために作られたショルダーバッグで肩に斜めがけをし、背中で背負うようなバッグのことです。

自転車を乗る人の多くが背負うバッグなので基本的に防水のものが多く、中には防塵の生地を使う本格的なものもあります。

つまり濡らしたくない、安全に運びたい、すぐに取り出したいという点が、メッセンジャーバッグの用途であり、カメラバッグとして欲しい用途そのものなんです。

そしてファッション性も高いバッグなので、デザインも男女共に豊か、バリエーションがたくさんあります。

メッセンジャーバッグはそういった点から防水で丈夫な生地を使っていて、背負うストレスが少ない設計のバッグが多く、それでいてカメラバッグほどデザインが無骨ではなく、ファッション性も補われているバッグだと言えます。

カメラバッグを買うかで悩んでいる人は一度検討してみるのもアリだと思いますよ。

どんなメッセンジャーバッグを選んで良いかわからないあなたには「定番とおすすめメンズメッセンジャーバッグ選ぶならコレ特集」こちらの記事がおすすめです。

また女性向けのメッセンジャーバッグはこちらの「レディースメッセンジャーバッグ人気ブランド集めました特集」こちらの記事もおすすめです。

スポンサードリンク



おすすめのインナーボックスは?

さてお待たせしました。

では具体的にどんなインナーボックスがおすすめなのか、いくつか紹介していきたいと思います。


MOUTH デリシャスインナーケース

出典:https://item.rakuten.co.jp

MOUTHというカバンを専門にしたメイドインジャパンのブランドが作るインナーケース。

中の仕切りが自由に動かすことができ、使わないときは折りたたむことができる優れもの。

そして形は舟形なのでショルダーバッグ、メッセンジャーバッグでもバッグの形に影響がなく持ち運ぶことができます。

カラーバリエーションが豊富なので自分の好きな色が選べるのも嬉しいポイントです。

カバンを作るブランドだから考えられるデザイン性でとても使いやすい形と機能でおすすめのアイテムです。


ハクバ インナーソフトボックス 300 グレー KCS39300GY

出典:https://www.biccamera.com

この手のグッズ展開でトップシェアを誇るハクバのインナーソフトボックス。

特徴はクッション性のあるフタが付いていること。

これによって上からの衝撃とホコリを防ぐことができます。

サイズは5展開されているので自分のバッグに合ったサイズが選べることができます。

個人的には底の深いバッグやリュックサックなどで使うのにおすすめなインナーボックスです。


ETSUMI カメラボックス モジュールクッションボックスA レッド E-6198

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

こちらは巾着のように上が絞れるタイプで、レンズ交換なしの、本体をストンとフィットさせて入れるタイプです。

さっと取り出すのが実は一番楽な形ということでおすすめです。

ですがその分、高さのある形になるのでバッグは選ぶ必要がありそうです。


価格帯はどれも1800円〜3000円程度と基本的にはお手頃な価格です。

実際探してみるといろんな形がありますが、まずは自分がどんなカメラをどう持ち運ぶのかということを考えてみると、自ずと自分に合ったインナーボックスが見つかると思います。

今回のおすすめで紹介したものも参考に探してみてください。

まとめ


  1. 普段使いのバッグでカメラを持ち運ぶにはインナーボックスがおすすめ。
  2. バッグに入る「サイズ」、バッグに影響のない「形」、カメラが取り出しやすい「色」に注目することで失敗しないインナーボックスの選び方が出来るようになる。
  3. カメラを持ち運ぶときに気をつけたい、「水、ホコリ、衝撃」を守るのに適したバッグはメッセンジャーバッグが一番おすすめ。
  4. 舟形やフタ付きのインナーボックスが使いやすいインナーケースとしておすすめ。

いかがでしたでしょうか。

カメラを普段使いのバッグに入れるということで、インナーボックスが今回の活用できるおすすめの方法でした。

ただ、その活用の仕方は人によってだいぶ異なることから、自分に合った形を探すことがいちばんの近道であることも同時に分かったと思います。

カメラバッグだと本格的すぎたり、デザイン性が少しダサいと思っている人にとっては、まずはカバンから。

その場合はメッセンジャーバッグがカメラを持つのにおすすめですよ。

参考にしてみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ちなみにこちらの記事もおすすめです。

→「メッセンジャーバッグの中身にインナーバッグのススメ特集

こちらではカメラだけでなくバッグの中身も整頓してしまおうということで、インナーバッグの活用術を紹介しています。

併せてご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です