大学生のカバンの相場はいくら?賢くカバンを買うならば…

高校の頃まで指定のカバンな人も多く、大学生からのカバン選びは迷いますよね。

実際の大学生のカバンはいくらぐらいなのか、値段が安すぎたらバカにされるかもなど心配が付きません。

スポンサードリンク



今回はそんな大学生男女別のカバンの相場や賢くカバンを選ぶ方法、安くカバンを買うならばどうするかなどを紹介していきます。

カバンがほしい大学生必見です。

男子大学生のカバンはいくらが多い?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

さてまずは男子大学生のカバン選びから、いくらぐらいのカバンが多いのかを紹介していきます。

まず男子だけではなく全大学生の持っているカバンとして言えるのは、けして高い高級なものが集まっているわけではないということです。

大学の雰囲気やどんな環境なのかによってその相場は変わるのですが、高級なブランドのカバンはほんの一部と言っていいでしょう。

特に男子大学生で言えば、メンズのカバン自体、値段が上がるほどもちろん高級なのですが、それだけではなくデザインの年齢層が上に上がる傾向があります。

そのためハイブランドだからと言ってこぞって買うような傾向もないので、男子の場合はそこまで値の張るカバンは選びません。

そして男子の大学生の持っているカバンで一番多いカバンはリュックサックでしょう。

そのリュックにも沢山のものが詰めこめるバックパックなのか、1日分の旅行が可能なデイパックで、値段も変わりますがどちらも同じくらいの人気があります。

ちなみにバックパックはいくらぐらいかというと、ものにもよりますが1万円代から2円代、デイパックは数千円から1万円代といったところです。

そして、リュックサックの次に多いであろうカバンはショルダーバッグです。

斜めがけのカバンは荷物の多い大学生には便利なカバンなのですが、大体これも数千円から1万円代がほとんどです。

革製品であれば2万円代も少なくないでしょう。

トートバッグも人気なカバンですが、こちらもピンからキリまで値段があります。

このようなカバンの人気具合、そして実際の大学生のお財布を考えるとカバン選びに必要な相場の値段が見えてきます。

それはいくらかというと、、。

「5千円~1万円前後」

これが最も男子大学生のカバンで多い値段でしょう。

多少こだわりがあったり、好きなブランドがある場合だと1万円を超えることが多いですが、なるべく安く自分の気に入ったカバンをほしい人も多く、そういった場合に5千円前後のカバンを選んでいることが多い傾向にあります。

女子大学生のカバンはいくらが多い?

さてカバンをファッションに合わせて持ち換えることも多い女子大学生は、実際いくらぐらいの値段を出してカバンを買っているのでしょうか。

今回のカバンは通学用のカバンを基本に考えてみます。

女子大学生のカバン、まずなにが人気かというと、まずはトートバッグです。

女性のカバンといえばまずあげられるトートバッグはやはり持つ人が多いです。

このトートバッグこそ値段に開きがあるカバンで、いわゆるハイブランドとして扱われるブランドのバッグであれば、安くても1万円代で、大体2~3万円はします。

もっと高いものには10万円以上のカバンもありますが、持っている大学生は少ない、もしくは貰い物として持っている場合がある程度といったところです。

それ以外でも通販やリーズナブルな値段のものであれば5千円程から手に入ります。

他に人気なカバンといえば、リュックサックは女子大学生にも人気です。

女性なのでリュックは大きすぎないデイパックが主流でスポーティなタイプかレディースのレザーものなどが多いです。

そういったカバンは高くて1万円代が多い傾向です。

こう見るとリュックサックはトートバッグよりもリーズナブルなカバンですね。

他にもショルダーバッグもありますが、同じように高くても2万円はいかない値段が多いです。

つまり女子大学生の場合は2つの相場があるといったところでしょう。

それはいくらかというと、、。

「5千円~1万円代」「2万円~4万円代」

この2つの層になるでしょう。

まずは金額の低い方でいうと、リュックやショルダー、そしてトートもそこまでハイブランドのものは興味がないなどの理由からトレンドのデザインを安い値段で買う傾向の大学生と頑張ってバイト代を貯めたり、親に買ってもらったり、とにかく憧れのハイブランドが欲しいという想いからブランドのカバンを持つ傾向の二極です。

それによって値段のかけ方が違い、どちらが良いというのではなく、自分自身がどこにお金をかけたいかによるものだと言えます。

賢くカバンを買うならば

さて大学生のカバンの相場がわかったところで、実際の大学生の生活からカバンの賢い選び方を考えてみましょう。

男女共に大学に通うつまり通学のカバンとして使うものを、どのように選んでいるでしょうか。

例えば、デザイン的にも大人っぽいもので、丈夫で長持ちしそうだから社会人になっても使えるということから、多少高い値段を出して買う人もいると思います。

買う動機としては悪くないですが、果たして本当に社会人になってからも使うのか、毎日使って卒業までボロボロにならないのかなど考えていくと、あまり良い買い物と言えるのか曖昧になってきます。

カバンはやはりどれだけ良くても毎日使えば4年でかなり傷んできます。

そして、例えば18歳で入学した頃に選んだ自分の好みと卒業後社会人になった自分の好みを想像すると同じ好みでいられるのかということを思います。

なのでカバンはいくら長い目で見たとしても大学在学中ぐらいをめどに考えた方が良いでしょう。

そしてより大事になってくるのが、様々なシチュエーションです。

例えば通学のためのリュックを買ったとしても、リュックの合わない場面も出てきます。

休日のカバンにも悩む場面があるでしょう。

そう思うと、実はカバンは1つだけではなく2つ3つ必要になってくるかもしれないということになります。

もちろん一生懸命貯めたお金で憧れのブランドのカバンを3万円で買うのも良いですが、もしかしたら1万円のカバンを3使う方が賢いかもしれないということなのです。

つまり様々な場面のことを考えた上で、1つではなく複数のカバンが必要になることを頭に入れておくことが賢いカバンの買い物に繋がると言えるでしょう。

スポンサードリンク



安いカバンを見つけるなら

そんなことよりもとにかく安いカバンが欲しい大学生も少なくないと思います。

はっきり言って大学生の時代はなぜこんなにお金がないのかと嘆くほど自由が少ないですよね。

だからカバンも最小限におさめたいと言う人も多いはずです。

ではカバンはどこで買えば安く買えるでしょうか。

まずは大学生ぐらいの若者に人気があり、トレンドのものを安く手に入れるのであればオススメなのがヴィレッジヴァンガードです。

略してビレバンですね。

ここは遊べる本屋として雑貨も充実しているのですが、カバンや財布、帽子などが豊富に置いてあります。

カバンはリュックとショルダーがほとんどですが、3千円程度から1万円以下のものがほとんどです。

それと同じぐらいの値段で言えば、ドンキホーテもそれぐらいで手に入ります。

ドンキホーテは場所にもよりますが、外国人をターゲットにしている面もあるので、安い価格設定で定評がありますよ。

外に出るのもめんどくさいという人はネットショップが一番良いかもしれないです。

送料はしっかり見ておかないと意外と合計金額が上がったと損した気分にならなくもないですが、安いカバンであれば1番見つけるのが楽なツールです。

実際に手元にないので、しっかり寸法やモデルの写真などを見て判断しなければなりませんが、a4が入るカバンは3千円程度から見つけることができます。

他にも服屋さんのセールの時を狙ったり、アウトレットや古着から見つけたりどうにかお得にカバンを探すと色々手段が出てきます。

ぜひ参考に安く良いカバンを見つけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

だいたい大学生のカバンはいくらか、その答えとして、1万円前後が相場ということを紹介しましたが、ブランドを好めばそれよりも高く、より安く手に入れようとすればそれよりも安くなります。

値段はどうあれ、自分に似合ったカバンで気に入ったものを見つけることが1番だと思います。

高いから言いやすいからダメというわけではないと思いますし、よりその場にあったカバンを常に持っていることの方が重要なことでもあります。

ぜひより良いカバンを見つけてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ちなみにこちらの記事もオススメです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です