大学生のカバンを使ったファッションをお洒落にするコーデ術

洋服とカバンを別々に考えてしまったり、ファッションのことを考えずにカバンを選んでしまったりして困った経験ありませんか?

スポンサードリンク



大学生は特に通学する平日も、その他の休日も私服であるためにカバンのことを気にしていないと、ちぐはぐのファッションになってしまいます。

今回はそんなカバンも合わせたお洒落コーデ術を紹介していきます。

カバンもファッションに参加させよう

7f41ebf7cc38f22f40ffcb42b0a7f119_s

あなたの普段のファッションを想像してみてください。

そこにカバンはあるでしょうか。

意外と忘れがちなカバンの存在もしっかりファッションとして考えないと、洋服は決まっているのにカバンと合わせたらお洒落じゃなくなったり、どの服にもカバンが合わないということがおきます。

何となく服を選んできた時にもたまにおきますよね。

まず、カバンもファッションに参加させることがとても重要です。

では例えばあなたが服屋さんにショッピングしにいくとします。

自分の好きな服を手に取って買うか迷う時に何を考えるでしょうか。

まずは自分に似合っているか、これは当然考えますよね。

その他にも自分の持っている服と着回しができ、合わせることができるかどうかなど、かったあとの生活の中で使い勝手が良いかも考える人が多いでしょう。

もしその時に自分が持っているカバンも想像できていると、自分のファッションでの使い勝手が本当によくなります。

これはカバンを選ぶ時も同じです。

カバンを選ぶ時に、似合っているか、自分の持っている服と合わせることができるのかということはとても大事です。

どうしてもカバンの場合はそのデザインからつい買ってしまったり、便利な使い心地に見える内ポケットが沢山あるなどの理由のみで買ってしまったりということが多々あります。

実はカバンを選ぶ時、自分の持っている洋服の想像だけでなく、自分自身がどう見えるかにもかなり影響を与えるものなのでもう1つ考えておくべきことがあります。

それは似合っているかに通じる話なのですが、自分の身長や体系の見え方を少しコントロールできるんです。

そんなカバンの選び方からファッションをお洒落にコーデする考え方を詳しく紹介していきます。

うまくいくカバンお洒落コーデ

ではカバンを店頭で選ぶ時、自分が持っているカバンから今日持っていくカバンを選ぶ時、どちらにも関係のあるうまくいくカバンのコーデ術を紹介します。

特に普段カバンを意識的に服選びに対して考えていない人には得るものがあるかもしれません。

ではまず普段ファッションを選ぶ時、例えば学校に行くときのファッションはいつもどのように考えているでしょうか。

朝起きて時間がないながらもその場でささっと考えたり、元々考えてあったコーディネートを着回したり、様々だと思います。

そんな学校のある平日は、休日のお出かけよりもラフであったり、カバンもいくつか持っているにしろ毎日ほぼ同じカバンを持つことになりますよね。

つまりそういったカバンを毎日同じものを使う時は、なるべくカバンより洋服が目立つファッションにすることで人にお洒落な印象を与えることができ、うまくコーデができます。

ではそういった洋服中心のコーデにするときカバンはどんなものが良いかと言うと、なんでも良いわけではなくよりどんなファッションでも合わせやすそうな色や種類を選ぶのが良いでしょう。

レディースのカバンだと色味のあるカバンも多く、可愛さから派手な色のカバンを選びがちですが、いろんな服に対応できると言った点から選ぶときは黒、グレー、茶色、淡い色味などカバンが中心になりにくいようなカラーを選ぶと良いでしょう。

逆に休日のカバンは重い荷物を持つわけでもないのでサイズも様々、自分の好きなカバンをより選べます。

そんな時はカバンを中心にしたファッションにするか、洋服を中心にコーディネートするのかを選ぶと良いでしょう。

小さめのカバンであればファッションのアクセントになる要素になるので、むしろ明るいビビッドな色や、変わった素材などデザインにこったものを選んでも良いでしょう。

カバンを店頭で買うか迷ったときはそのカバンをいつ使いたいのか、いろんな服装に合わせることができるカバンなのか、カバンを中心にコーディネートを考えるようなカバンなのかということがとても重要になります。

そこをしっかり選ぶことで困らずお洒落コーデに一歩近づくことができます。

カバンで見せたい体系にできる

ではカバンを選ぶ時に気にすると良いことがもう1つあります。

それは自分の体系へのコンプレックスをカバーしてくれたり、長所を伸ばしてくれたりする効果です。

例えば背が低くて悩んでいる人は意外と多いですよね。

そういう人はあまり大きいカバンを持ったり、カバンが目立ち過ぎたりするとより自分を小さく見せてしまいます。

これは錯視といって、目が錯覚して本当は大きいものが小さく見えたり、太いものが細く見えたり、物と物の組み合わせで現れる効果のことです。

ボーダーの服や全身黒の服が膨張して太って見えるのもこれが理由です。

ジャンルは全く違いますが、その錯視を使って話題になったのが絵が飛び出して見えたりするトリックアートなんです。

ファッションではこの錯視を使った方法は沢山あるのですが、カバンにもそれがあります。

先ほども説明したように体が小さい人は、カバンが大きいとより身長を小さく見せてしまうため小さめのカバンを選んだり、カバンのシルエットは長方形など細長いシルエットだとよりスラッとした印象にしてくれます。

逆に身長が大きいことが悩みな人はカバンの小さい物を持ってしますとより大きく見せてしまいます。

多少大きいカバンを持つことでそれを解消してくれます。

カバンのシルエットもなるべく丸みのある物の方が大きい印象を和らげてくれます。

これは身長だけでなく、体系的に太い細いにも同じことが言えるので参考にしてみてください。

ちなみにカバンの持つ位置も人の視線を誘導する効果があり、一般的に胴の真ん中付近にカバンが来るように持てば美しく見えると言われていますが、トートバッグで手持ちが短めの物を肩に掛けて脇で挟むように持つと胸を強調することにも繋がります。

あまり視線を無二に持っていきたくないと思う人には注意が必要な持ち方です。

また体系的に洋梨型なタイプの人はなるべく下半身付近にカバンが行くようにしてカバンに目線をやることで体系をカバーするなどテクニックもあります。

大学生にはカバンのバリエーションが必要

やはりこうして考えていくと、カバンや服を選ぶだけでもいろいろと考えたり、やっぱりバリエーションが少ないと困ってくることがあったりします。

大学生の大学生活では特に通学と言えど一日のスケジュールがいろいろと違いますよね。

授業が多い日、少ない日、バイトやサークルがある日など荷物に差がある日や、気分で可愛いファッションや、クールに決めたい時、カジュアルにしたい時などとにかく制服ではない分、私服の自由さが選択肢を増やすことで嬉しい反面苦労することも確かです。

そんな時にやはりカバンもいくつか持っておき、ファッションや、スケジュールに対応できるようなバリエーションは持っておく方が良いでしょう。

しかもそのバリエーションは、カバンの大きさや素材、色だけでなく種類も考えて持っておくと良いでしょう。

例えばトートバッグが多いのであればリュックやショルダーを持つなど、全く違う種類を持っておくと非常に便利です。

その種類も全部カジュアルではなく、キレイめなファッションやカチッとしたファッションに合わせられるようなカバンも持っておくことで、いざという時のちゃんとした場に合わせるカバンになります。

私は美術系の大学でデザインを勉強していたので、自分の課題を発表する講評会が定期的にあり、人前で自分の作品についてプレゼンをする機会がよくありました。

そういうときは普段よりもきちっとしたファッションにするのですが、普段のカジュアルなファッションに合わせるようなカバンしか持っていなかったときは非常に困りました。

他の大学でも研究室での課題のプレゼンや人前での発表などをする機会がある人は多いと思います。

そういった時に普段よりきちっとしたファッションをするのであればそういった機会に合うようなカバンを1つは持っておくなど、いざという時のカバンは持っておくと便利です。

スポンサードリンク



大学生のカバンおすすめお洒落コーデ

では今までの紹介からカバンがファッションにおいて重要であることがわかってきたと思うので、ここからカバンも含めたお洒落コーデを紹介していきます。

20161109230927755_500画像元:http://wear.jp

まずはこちらのコーデは大学生に最も人気のあるリュックを使ったファッションです。

黒のカバンはやはり扱いやすく、履くことの多い黒スキニーとも相性が良いです。

靴と色が合っていることもうまくコーデするには良いポイントですよね。

20161108172221505_500画像元:http://wear.jp

リュックと同じくらい今人気なショルダートートも多くのファッションに合わせることのできる万能なカバンの1つです。

ゆったりとしたファッションからカジュアルなど、トートならではのきなり色はファッションにとても合わせやすいです。

ショルダートートは自分の持ちやすい長さに紐の部分を結んで調節するのが流行の持ち方なので自分の体型に合わせて持つのには便利なカバンです。

20161029074905413_500画像元:http://wear.jp

ファーのクラッチバッグもトレンドですが、注目したいのは長方形のシルエット。そしてヒール、ロングコート、タートルネックと縦を意識したファッションになっています。

なので上述したような体系の見え方をコントロールしていてスラッと見える印象を作り上げています。

身長で悩んでいる人には勉強になるコーデですね。

20161109150757400_500画像元:http://wear.jp

こちらもワンピースでスラッとした印象を出していますが、丸みのあるカバンでバランスをとっています。

わりと身長のある人にはこういった使い方でトータルで見せるとバランス良くし上がります。

20161109112725732_500画像元:http://wear.jp

こちらは逆に大きめのカバンやコートを使って女性らしい可愛さを出しながらデニムや色味で大人っぽいバランスを出したコーデです。

体系を逆手に取って大きいサイズをあえて着たり持ったりすることでこういったかわいらしさを強調することに繋がります。

重たくなりすぎないようにすることは注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ファッションにおいて、着るもの持つもの全てのトータルの見え方はとても大事です。

カバンを選ぶ時に洋服のことを気にしたり、洋服を選ぶ時にカバンを選ぶと言ったようなトータルで考えていくとお洒落コーデはうまくいきます。

そしてどういったシチュエーションのための服やカバンなのか、それによってカバンを中心にするのか服を中心にするのかを考えることでより決めやすくなります。

大学生は毎日私服なので迷うかもしれませんが、平日、休日、荷物の多い少ないなどの分類分けによってコーデを決めていくと困らずに選ぶことができるでしょう。

ぜひ参考に毎日のファッションを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみにこちらの記事もおすすめです。⇒長さに注目!肩掛けのバッグでスタイルを良く見せるとは?!

こちらの記事ではカバンの持ち方、肩掛けカバンの長さなどからスタイルを良く見せるための紹介を今回のことに付け加え詳しくしています。

意外と知られていないけど重要な、自分を美しく見せるためには欠かせない情報です。

合わせてご覧ください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です