大学生おすすめの通学に使えるかっこいい大容量カバン特集

大学生の通学カバンは大きさが大事ですよね。

でも大容量のカバンだとお洒落なカバンを見つけにくかったり、ファッションも難しかったりしますよね。

スポンサードリンク



そこで今回は大容量の使えるかっこいいカバン、更には大きいサイズのカバンをアクセントにしたファッションコーデも紹介していきます。

通学に便利、そしてお洒落な大容量カバンを見つけましょう!

通学カバンは大容量が絶対良い理由

通学カバンの容量の大きさで悩んだことはないでしょうか。

デザインはお洒落だけどこの大きさは通学カバンに適しているのかとか、普段持ち歩いている荷物が納まるかどうかとか、カバンを選んでいる時によく考えますよね。

まず大学生が持つカバンのサイズは最低でもA4サイズがなくては教科書やノートが入りません。

基本的にこれを基準にカバンを探す人は多くいるのですが、大学生の荷物から考えるとそれでは小さい可能性が高いのです。

というのも大学生の荷物は教科書とノートだけではないですよね。

他にも財布や手帳など普段持ち歩く私物も一緒に入れたり、パソコンを持ち歩くときもあったり、他のものも沢山入れますよね。

他にもお弁当を持ったり、ペットボトルを入れたり、サークルの荷物やバイトの着替えを持つ場合もあります。

こう考えると荷物がとても多いですよね。

つまりA4サイズが入るだけでは大学生の通学カバンとしては小さく、容量で迷うならば大容量のカバンを探すことの方が良いと言えるのです。

大容量のカバンというと、ただ大きいカバンをイメージしてかっこわるいかもと思ってしまうかもしれませんが、見た目はコンパクトに見えてしっかり入るカバンや、大きくてもかっこいいバックパックなど実は大容量のカバンも注目すべきカバンなんですよ。

普段から荷物が多めの人は特に大容量のカバンを通学カバンとして探してみた方が自分にとって使いやすい良いカバンに出会えるかもしれません。

更に詳しく通学カバンについて知っておきたい知識はこちらの⇒「教科書以外の荷物も沢山!大学生に必要なカバンの大きさは?」にまとめてあるのでこちらもぜひご覧ください。

大学生向け大容量でお洒落なカバン

ではそんな大学生にぴったりの大容量カバンにはどんなものがあるのか紹介していきたいと思います。

やっぱり大容量なだけでなく大学生にとって重要なのは、デザインがお洒落であったりかっこいいことですよね。

そこで人気のブランドやデザインから大容量のカバンをまとめてみました。

PORTER(ポーター)トートバッグ

サイズ:W410/H340/D170

画像元:yoshidakaban.com

まずは老舗のカバンブランドのポーターから大容量で見た目に大き過ぎないトートバッグです。

ざっくりと大きく開く口は中が見やすく、沢山のものが入ります。

大容量のカバンとなると大事になってくるのが丈夫さです。

こちらのトートバッグでは縦糸にジンバブエコットンと横糸にコーデュラ®ナイロンと違う素材を使った生地になっていて、丈夫さと質の良さを掛け合わせた特別な素材を使用しているため、タフな作りになっているのもこだわりのポイントです。

トートバッグであれば肩からかけられる長さの手持ちである方が荷物が重いときなどにカバンを疲れにくく持つことができるので、そういった手持ちの長さも注目すると良いでしょう。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)ノベルティフレームドデイパック

容量:29L

画像元:goldwinwebstore.jp/

アウトドアブランドとして人気のノースフェイスから少し変わった開け方で中身のものを取り出しやすくしたリュックサックを紹介します。

メインになるカバンの容量が29Lと大きく通学には十分の大きさのリュックです。

形が崩れないフレーム型のカバンのため常にシルエットがカチッとしたスマートな印象、アウトドアなデザインからくるアクティブな印象と良いとこ取りをしたカバンです。

大きい大容量のカバンとなるとカバン自体の重さが気になると思うのですがこのリュックサックはその点が考えられていて、軽量のナイロンを使うことでカバン自体の重さを非常に軽くしているんです。

重い荷物の場合、背中で背負うのが一番楽に持つことができるのでリュックはおすすめですよ。

KELTY(ケルティ)MINI MOCKINGBIRD

容量:23L

サイズ:H460/W240/D140

 画像元:amazon.co.jp

こちらも大学生から20代、30代と人気のケルティのバックパックです。

元々ひとまわり大きいモデルがあるのですがこちらはそのデザインのまま、大きさをタウンユースできる大きさに改良されたデザイン。

名前にMINIとついているからといって、十分しっかり入る23Lの容量や大きく口の開くフタは扱いやすさは大容量といって良いカバンです。

口は紐を絞るタイプなので開け閉めがしやすくアウトドアなテイストです。

バックパッカーに人気なケルティならではのデザインは通学はもちろん旅行にも便利なカバンです。

MANHATTAN PORTAGE(マンハッタンポーテージ)BIKE MESSENGER

サイズ:W550/H310/D200

画像元:manhattanportage.co.jp

メッセンジャーバッグは自転車通学やバイク通学など両手をあけたい人にとって便利なカバンです。

マンハッタンポーテージと言えば一度は目にしたことのあるロゴが目印のシンプルで丈夫なメッセンジャーバッグが有名です。

サイズもいくつかあるのですが、Lサイズのメッセンジャーバッグは基本的に口が大きく全体をざっくりと見渡すことのできる、ものへのアクセスがしやすいカバンです。

背負っている人が多いので人と被るのが心配と思う人もいるかもしれませんが、デザインの種類も豊富なので自分のお気に入りを見つけるのも良いでしょう。

ADIDAS(アディダス)ベーシックバックパック

容量:35L

画像元:adidas.jp

スポーツサークルにはいっていたり、スポーティなテイストが好きな人などには、スポーツブランドのカバンがおすすめです。

その中からアディダスの三本ラインがかっこいい大容量のバックパックをピックアップ。

なんと驚きの35Lはかなり大きいカバンですが、サークル等で着替えなどの荷物がある場合にはこれぐらいあるとやはり便利です。

大学生の授業には体育もあるのでそういった着替えやシューズなど入れる場合にもサブバッグを持ちたくない人には、全部が入るスポーツリュックはおすすめです。

スポンサードリンク



大きなサイズのカバンでお洒落コーデ

大きなサイズのカバンはどうしてもファッションにおいてはコーディネートが難しいと思う人が多いでしょう。

ですがカバンを主役にするファッションを心がけることでまとまりを見せたり、大容量カバンの色やデザインをこれからしたいと思うコーディネートから逆算してカバンを選んだりすることもできます。

ということで大きなサイズのカバンを使ったお洒落なコーディネート紹介していきます。


画像元:wear.jp

バックパックのコーディネートはカバンが大きいためスキニーなどの細身のパンツを履くと、スタイルを良く見せてバランスがとても良くなります。

大きいカバンや重いカバンだからといって背負う位置を下の方にするとダサくだらしないファッションになってしまうのでなるべく姿勢がよくなるように上の方で背負うことがお洒落のポイントです。

リュックの場合特に、どんなファッションでも合わせられるような色の黒などのモノトーン系がコーディネートしやすいので、迷ったら黒やネイビーなどの色にしましょう。


画像元:wear.jp

トートなどに多いレザー調のカバンは大人っぽく見えてやはりかっこいいです。

そういったカバンは靴や帽子などの小物で色や素材を合わせるようにするといつでもお洒落な印象のファッションになります。

トートやボストンバッグに合う服装となるとやはりキレイめなファッションやカジュアルなファッションのようなしゅっとしたファッションの方がテイスト的には合いやすく、普段のファッションと合っているかも大事なカバンを選ぶときのポイントです。


画像元:wear.jp

カバン自体が派手な色であったり、特徴的なロゴなど、ファッションの中でも大きく目立つデザインであればそれを活かすためにファッションはシンプルめにするのもお洒落なポイントです。

このコーディネートの場合だとカバンの色はコロとネイビーですが更に大きなロゴが入っていたり、元々のサイズの大きいカバンということもあり目立つメッセンジャーバッグです。

なので淡い色味のシャツとパンツを合わせることで、色の濃いカバンが目立つようになっています。

こういった全体感を持たせるとファッションがお洒落な大学生として周りからも一目置かれる存在になるでしょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

大容量のカバンは大学生の通学カバンにはとても向いているカバンということを紹介しました。

ただ大容量と言うだけでなく、お洒落で丈夫なかっこいいカバンはいろんなブランドから出ているので、これを参考に自分のお気に入りをぜひ意味つけてください。

大きいカバンのコーディネートによって良いカバンでもダサく見えてしまう可能性もあるので、しっかり自分の持っている拭くとも相談しながらカバンを選ぶと良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみにこちらの記事もおすすめです。⇒大学生男子が持っておきたいカバンの選び方!基本は色と種類

こちらではカバンを選ぶ際に知っておきたい色や種類について紹介しています。

自分に合ったカバンが見つかる選び方をぜひご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です