知っておきたい大学生の卒業式の服装と持っていくカバンは?

冬になると卒業が近くなる大学生も多いかと思います。

卒業式という特別な場での服装は何にするか決まっていますか?

スポンサードリンク



男子、女子で卒業式は服装が異なり、それに合わせたカバンも必要になってきます。

ギリギリになって慌てる前に、前もってしっかり準備しておきたいですよね。

今回はそんな卒業式の服装とカバンについて紹介します。

卒業式の準備は早めに

1fcfaf42c7259812220ecee74fb0be86_s

卒業式に大学生が着る服装について説明する前に、まずこれだけは押さえておきたいという基礎的な部分なのですが、前持った準備は早めにした方が良いということです。

これは卒業式だけではなくどんなことでもそうですし、社会に出たらなおさらなことなのですが、小学校から卒業式は中学、高校と3回はしていますよね。

そして多分人生では最後の卒業式になる人も多いかと思います。

そんな特別な日だからこそ、卒業式ギリギリになってあたふたするのは後々後悔します。

そういったことも含めてしっかり最後という日を締めくくれるように周到な準備をしておきましょう。

例えば女性は袴や当日の着付け、ヘアメイクなどの予約などが必要になります。

男性だと晴れの場に相応しいシャツやネクタイなどを用意する人もいます。

こういったことはギリギリでは用意できないことになりかねません。

そのために前もって卒業式はどんな服装で行けば良いかをしっかりシュミレーションしておくことが必要なのです。

とはいえ、これを読んでいるあなたがもう卒業式ギリギリな場合はそうも言ってられないので、前置きが長くなりましたがさっそく服装等説明していきます。

大学生の卒業式の服装~男性編~

まずは男子の大学生の卒業式の服装です。

基本的にはほとんどがスーツです。

就活に使ったリクルートスーツの人もいますし、少しこだわったスーツの人もいますがほとんどの人がスーツで参列します。

ただせっかくの晴れの場なので、シャツを色付きのものにしたり、ネクタイを柄のものや華やかなものなどにするのもおすすめです。

もっとイメージしやすくすると結婚式と同じように華やかなスーツの着こなしにすればよりお洒落でかっこ良くなるでしょう。

スーツの色は黒、紺、グレーが多くいます。

卒業式のためにスーツを新調しなくとも、成人式で着たスーツや就活で使ったスーツで問題なく、こだわりを出すのであればシャツやネクタイ、ネクタイピンやチーフなどに気を遣うと良いでしょう。

つまり困ったらスーツで着れば問題ないということになります。

大学生の卒業式の服装~女性編~

女性の大学生の卒業式の服装は男性と違って、いろいろと選ぶことができます。

ただ多くの人が袴を着るのは確かです。

大きな大学や女性がほとんどの大学では袴が多い印象です。

では袴以外ではどんな服装があるのかと言うと、ドレスや振り袖なども見受けられます。

ちなみに私が通っていた芸術大学ではもちろん袴もいましたが、音楽学部の学生もいるのでドレスを着ている人も多くいました。

つまり大学によってドレスが袴と半々ぐらいの大学もあり、それについては自分の通う大学の卒業式を参考にするのが良いでしょう。

さて袴を着るのであれば購入するのか、レンタルするのかという選択もあります。

どちらにせよ呉服店か大学の生協で申し込むことができます。

卒業式の一日だけということなのでレンタルする人が多いです。

また袴を着付けする場所やヘアメイクなど当日に行なうセットの予約も必要で、これについてはしっかり準備を前もってしておきたいところです。

例えば着付けの上手な美容室や卒業式への積極的なサービスがある美容室などを評判などから探すと良いでしょう。

大学生協で申し込むのももちろん良いですが、多少人と柄が被る可能性もあるのでそれがいやな人は大学以外で見つける方が良いでしょう。

そして、袴に合わせる履き物も重要です。

一般的には草履とブーツのどちらかが多くこれについては好みも別れます。

ただブーツの方が歩きやすい点や、当日天気が悪くとも問題なくはける点などはブーツの方がおすすめできる点といえます。

ではその他の服装として、袴と振り袖どちらに仕様か悩む人もいるのではないでしょうか。

例えば親や祖母から振り袖を譲り受ける人もいると思います。

こういった晴れの場では問題なく振り袖でも構いません。

そして袴の人が多い分、振り袖は袴と違った華やかさと上品さを持つので良い目立ち方をするでしょう。

振り袖を選ぶ場合は帯の柄などを選ぶことが楽しめますね。

その他にはドレスを選ぶ人も少なくありません。

華やかでドレッシーな洋服であれば、購入したとしてもその後に誰かの結婚式で着るなどもできますし、ジャケットなどであれば少し着飾った私服としても扱うことができます。

そういった服装を選ぶ場合はネックレスなどの小物で華やかさを出すとより華やかになります。

こちらも結婚式などをイメージするとそういった晴れの場に相応しいドレスのイメージがつくでしょう。

スポンサードリンク



卒業式の服装に合わせるカバンは?

では大学生の卒業式における服装が男女共にわかったのではないかと思います。

そんな時に忘れてはならないのがカバンですよね。

どんなカバンを持っていくのか、そもそもカバンは必要?

と言った疑問を説明していきましょう。

まずは卒業式では何か荷物になるものを受け取るかというところなのですが、大事な卒業証書は必ずもらいます。

また大学によってはお祝いの品などもらう場合があるのと、サークルや研究室、ゼミなどの後輩からのプレゼントがある場合とそれぐらいです。

ちなみにだいたいのものに袋ががついているので持ち帰るのに苦労はそこまでしません。

卒業証書のみが、筒なのか冊子タイプのものなのかによってかさばるかどうかがあるぐらいです。

ではそういったことも踏まえて、まず男性のスーツに合わせるカバンなのですが、意外と手ぶらが多いです。

というのも先に説明した通り荷物になるものには袋がついていたり、もらえたりするのでそこまで問題ないのです。

ただ自分が常に持ち歩いていないと不安なものがあったり、カバンを持っていないと気になったりする人のためにどんなカバンが良いのか説明します。

基本的にスーツに合うカバンということで真っ先に思いつくのがビジネスカバンです。

卒業式の場で相応しくないか心配な人もいるとは思いますがこちらも意外と持っている人もいますし、けして変ではないです。

やはりa4サイズが入るので容量もあり受け取ったものはだいたい入るサイズなので便利でもあると思います。

他にスーツに合わせるとしたらトートバッグが良いでしょう。

また、これから会社で使おうと思っているなどのトートバッグでも良いと思います。

レザーやナイロンなど素材は自由で良いですが、色味はダークトーンな黒、紺、グレーなどがスーツに合わせることができる色味です。

では次に女性ですが、袴や振り袖の場合は巾着袋や袴用のカバンがおすすめです。

袴用のカバンというものがあり、和柄のカバンなのでそういった服装にぴったり合うようになってます。

巾着袋にしろ、袴用のカバンにしろ、容量は小さいので必要なものだけを入れておき、ものが増えても良いように折りたたみのサブバッグを持っておくと安心です。

巾着やカバンはそれのみでも売っていますし、草履とセットで購入やレンタルができます。

では最後にドレスを着る場合のカバンはハンドバッグなど手に収まる程度のカバンがドレスにも合い華やかです。

こちらも必要最低限の荷物になりますのでサブのバッグを入れておくと良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

卒業式が近くなる前に余裕を持って準備しておくと安心です。

ただそう心配することも無く、男性はスーツがほとんどで、シャツやネクタイを華やかにする準備が必要で、女性は袴、振り袖、ドレスなど自分の着たい物を選ぶと良いでしょう。

当日のヘアメイクや着付けなどの準備も口コミなどからしっかり選ぶと安心です。

また、卒業式の服装に合わせるカバンも忘れずに準備しておきましょう。

男性の場合は手ぶらでも良いですし、ビジネスバッグやトートバッグを持っていっても良いです。

いずれにせよスーツにあった色味のカバンが良いでしょう。

女性は袴であれば巾着か袴用のカバン、ドレスであればハンドバッグです。

容量が小さいので必要最低限の荷物と折りたたみのサブバッグも用意しておきましょう。

卒業を惜しんで泣いてしまう大学生はハンカチも忘れずに持っていってくださいね。

卒業式の準備をしっかりして、当日まで大学の友人達とかけがえのない時間を大事にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ちなみにこちらの記事もおすすめです。⇒大学生女子のおしゃれ上級者が使うクリアなカバン知ってる?

こちらの記事では大学生の女子に今人気のクリアなカバンについて特集しています。

普段着でのファッションでお洒落を楽しみたい方はぜひご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です