大評判!uni&coの本格メッセンジャーバッグとは特集

メッセンジャーバッグをネットで検索していると記事や広告でよく見かけるuni&co。

でも実際お店で見かけることがないけどこのメッセンジャーバッグってどうなの?

思っていながら解消できていないであろう疑問を特集します。

スポンサードリンク



実はこのブランドのメッセンジャーバッグ、かなり大評判なんです。

今回はuni&coのどこが凄いのか特集します。

uni&coとは

uni&coって広告でよく見るけどいったい何なの?

と思いながら何となく知らないでいる人も多いのではないでしょうか。

そこでまずはuni&coについて紹介します。

uni&coは東京は浅草に工房があるメッセンジャーバッグを一枚革で作っているブランド。

始まりは2009年なのでまだ最近ではあるのですが、もう既に全国でも有名なブランドです。

工房を持つデザイナーの親が靴職人であり、親からミシンを譲り受け、更に本人は元メッセンジャー(自転車郵便)という経験を持っていることから、uni&coとしてメッセンジャーバッグを作るきっかけとなっています。

メッセンジャーバッグはオールレザー、オールハンドメイドで、専門の職人によりひとつひとつ作り上げています。

それ故にレザーへのこだわりが強く、素材である皮革を選び、型を取る作業など、長年皮革に触れてきた経験がなければ扱えない技術こそuni&coの一番のこだわりといえるでしょう。

評判のデザイン本格革仕様メッセンジャーバッグ

なんと言ってもuni&coの魅力と言えばレザーのメッセンジャーバッグであることです。

このブランドデザインはなんと1種類なのですが、カラーバリエーションが豊富にあり、サイズ展開もXS、S、M、Lと選べることは嬉しいです。

レザーで、しかも一枚でLサイズのメッセンジャーバッグというのはなかなか他では出来ないこだわりポイントです。

というのも革というのは腐食や劣化をしないように加工してあったり、染料や傷などであったりとひとつひとつ状態が違う素材です。

その革からLサイズのメッセンジャーバッグを型取るということは、革の状態によっては省かなければならないところもありますし、コストと手間と技術が必要になってくるわけです。

メッセンジャーバッグになてしまえばその手間はむしろサラッと、あたかも簡単に作りましたのようなシンプルデザインが個人的にはめちゃくちゃかっこいいと思う部分です。

そこは知ってか知らずか、どちらにせよ洗練された見た目のデザインこそ評判を生んでいる理由でしょう。

スタイリッシュで男性に人気でありながら、サイズの小さめのメッセンジャーバッグは女性でも女性らしさを失わさず背負うことが出来るため、男女共に使えるデザインも魅力的です。

機能性も抜群のこだわり

さてデザインでのこだわりや魅力、人気はわかるけど、実際のところ使い易さはどうなのかということですよね。

基本的にメッセンジャーバッグだけでなくバッグ全体として結局使いやすいものが長く残っている気がします。

やはりその点でいえば、uni&coの評判の良さは見た目のデザインだけではなく、使い易さこそ本当の評判なのではないでしょうか。

というのもデザイナー自身がメッセンジャーとして10年のキャリアを持っているようです。

メッセンジャーとは都会などで活躍する職業なのですが、至急届けたい書類をその日の内に届ける自転車郵便という職業です。

そんなメッセンジャーが持つバッグのことをメッセンジャーバッグというわけなんですが、、、となればやはりメッセンジャー目線でもデザインを考えられるわけで、使いにくいわけがないですよね。

だから背負ったときの体のフィット感が違うんです。

メッセンジャーバッグならではの片手でショルダーの長さを調節できるバックルがついているので自分に合わせた調節が可能です。

更にレザーなので使っていくことで使っている人に馴染んでいきます。

つまりその持ち主の形になっていくので、使えば使うほど自分の体にフィットするようになっていくのです。

フィットすることで何が良いかというと、自転車やバイクに乗った時メッセンジャーバッグが前にズレ落ちてこなくなるということです。

背中からずるずる前に滑ってくるメッセンジャーバッグは地味にストレスですからね。

では機能性と言えば、中も気になるところですよね。

バッグって基本的に中にホコリなどゴミがたまりがちですよね。

そして革のバッグだとそれが掃除しにくくストレスを抱える要因であることが多いのですが、uni&coのメッセンジャーバッグは中袋として革ではなくコットン素材のインナーバッグを採用していて、インナーバッグだけを取り外し可能な作りになっているんです。

そのおかげで掃除や整理がしやすく、いつまでもキレイなまま使える作りになっています。

こういう気遣いは使う時になってようやくわかる部分ですが、やはり使ってみて評判の良さが伺えますよね。

内ポケットも小物を入れるポケットの他横、長のポケットがついていて使いやすい仕様になっています。

実際に手に取っての場合はサイズがわかりやすいですが、オンラインで買う場合はサイズ選びがちょっと不安ではありますよね。

ですが出来る範囲でサイズ交換もしているそうなので手厚いサービスも信頼できるブランドですね。

スポンサードリンク



コレは注意!革の手入れも知っておこう

メッセンジャーバッグというと雨に強いというイメージが強いかもしれませんが、革のメッセンジャーバッグは別です。

革は水に弱く、腐食したり水ぶくれなどの原因になります。

だから雨の日はあまり背負うことをおすすめしないということに注意が必要です。

革の製品を何かひとつでも持っていればわかるかと思いますが、傷などの耐久性には非常に強く、むしろ味に変わっていくのですが、湿気などにはめっぽう弱い素材です。

なのでuni&coのメッセンジャーバッグは扱い方と保管には十分注意しなければなりません。

よかれと思ってビニールにくるんで保管したり、防虫剤を入れておくなどは、カビ、腐食の原因になり危険です。

日の当たらないところで風通しよく、湿気の少ない低温の場所が保管には相応しいようです。

そして日頃のケアも必要なのが革のバッグの特性です。

レザー用のクリーニング用品を使って、汚れを落とした後クリームを塗って手入れしていきます。

艶を出したい人や艶を押さえたい人など自分の好みにしていくのもこのケアによって変えていくことが出来ます。

こういった手入れひとつでも革は状態を変えて馴染むようになっていきます。

つまりその持ち主の形へと変化し、手入れ次第で一生もののバッグになっていくということなのです。

その代償として、水や湿気に弱い特性があることを忘れずに覚えておきましょう。

革についての特性や詳しい手入れの仕方はこちらの⇒革のカバンの知識で大人オシャレな大学生を目指す特集!で紹介しているので気になる方はぜひご覧ください。

まとめ


  1. uni&coはメッセンジャーのキャリアを持つデザイナーが2009年に立ち上げたオールレザー、オールハンドメイドで製作するメッセンジャーバッグのブランド。
  2. 一枚革を使ったこだわりのメッセンジャーバッグはシンプルでスタイリッシュなデザインが人気。
  3. メッセンジャー目線で考えられたメッセンジャーバッグは体へのフィット感が使い易さに繋がり、独立するインナーバッグにより掃除や手入れなど細かいところまで行き届いた機能性が本当の評判を生んでいる。
  4. uni&coのメッセンジャーバッグは水に弱く湿気を嫌うため、日々の手入れが必要ではあるがそれを怠らなければ一生もののバッグになる。

いかがでしたでしょうか。

uni&coのメッセンジャーバッグについて少しはどういうブランドでどんな評判なのかがわかって頂けたでしょうか。

uni&coの公式ホームページでは写真や詳しい製品の詳細が説明されているので調べてみてください。

実店舗では東京や大阪など取り扱っているお店もあるので手に取ってみて頂くとよりわかると思います。

写真とは全然違うモノ感や品の良さが伝わってくるのでぜひ見てほしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ちなみにこちらの記事もおすすめです。⇒あなたはしっかり洗ってる?メッセンジャーバッグ洗い方特集

こちらではナイロン素材のメッセンジャーバッグの手入れの仕方を紹介しています。

リュックなどにも応用可能なのでこちらもぜひご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です